夜行バス予約サイト☆徹底リサーチ

ホーム > 夜行バスの豆知識 > 小腹を満たすキャンディーやチョコを夜行バスのお供に

小腹を満たすキャンディーやチョコを夜行バスのお供に

 普段は夜食を食べたりしない人でも、夜行バスの旅は夜眠れなくて、何か口に入れたいと思うことがあります。
 集合時刻も夜ですし動いたことで、バスに乗ってからお腹がすくかもしれません。
 朝まで空腹を我慢するのはつらいですから、夜行バスに乗車するときには小腹を満たす食べ物を持参することです。
 皆が寝静まる中で食べるので、大きな音が出るものや、ニオイが強烈な食べ物は控えます。
 硬くて噛み応えがあってバリ橋音のするおせんべいは避けるべきであり、お弁当なども意外とニオイを漂わせるので向いていません。
 時間的にも夜間ですので、軽く食べられて意にも負担にならすに小腹が満たせる、キャンディーやチョコレートなどがあると便利です。
 ニオイと音のダブルパンチとなる、ポテトチップスなどのスナック菓子や、ハンバーガーなどのファーストフードも避けるようにします。

 夜行バスに乗車をしてからしばらくすると、バス内は正当になり乗車客はみんな眠りに落ちていきます。
 バスの中は電気が消えて暗くカーテンもあるので、ある程度暗くなって眠りやすいですが、完全に暗くなるわけではありません。
 誰かがスマートフォンなどを操作すれば、その明かりが周りにも影響をしますし、カーテンの隙間から外の明かりが入り込んできます。
 真っ暗じゃないと眠れないという人にとって、些細な光が眠りを妨げてしまうかもしれません。
 夜は軽さを遮断してぐっすり眠りたいなら、アイマスクを持参することです。
 自分が普段使うアイマスクをバスの中ですることで、何もしないよりずっと光を遮断することができます。
 無駄に光が差し込まないので、消灯後にカーテンも閉めてアイマスクをすれば、ほとんど光を気にすることなく眠れるはずです。

 旅行へ出かけると日常を離れるのでワクワクしますし、仲の良い友人同士の旅はさらに楽しいです。
 気分が盛り上がるのは仕方がないとしても、夜行バスの馬鹿で興奮しすぎて、ずっとしゃべり続けるのは良くありません。
 友達やサークルや気の知れた人との旅は楽しく、夜行バスを利用する機会もありますが、夜間はバス内も電気が消えていて乗車客は眠っています。
 でも誰かが小声であってもずっと話をすると、周りにも聞こえてほかのお客さんはなかなか眠れません。
 気持ちが高ぶり喋りたい気持ちもわかりますが、夜行バスはほかの乗車客への配慮も必要であり、夜のバスではしゃべり続けることなく、消灯後は眠るようにします。
 翌日現地に到着をしてバスから降りたら、友人や仲間同士いくら絵もお喋りをして、旅行を満喫することです。
 

次の記事へ
ページトップへ